投資コラム

ランドリーを開業するときにかかる費用とは?

近年、世間の不況に影響されない投資として注目されているコインランドリー投資は、投資を検討している方にとって魅力的な選択肢のひとつでしょう。しかし、店舗経営に属する投資なので開業費用が必要です。今回はコインランドリーを開業する際にかかる費用についてご紹介します。

さまざまな魅力のあるコインランドリー投資

コインランドリー投資はコインランドリーを経営して利益を獲得していく長期継続も可能な投資のひとつで、景気に左右されにくく、時代にマッチしていると人気があります。コインランドリーは土地が狭くても開業ができるので、土地をもてあましてしまっている方に向いています。また、一般的に硬貨を投入して使うランドリーが主流であるため、現金収入を得られる点も魅力でしょう。運営の面では高い専門知識を必要としないことや、設備の償却を利用して節税対策ができること、在庫を抱えないこともコインランドリー投資の魅力です。

 

コインランドリーの開業にかかる初期費用

コインランドリーの開業にかかる費用は、初期費用とランニングコストに分けることができます。まずは、初期費用からご紹介します。

機器にかかる費用

コインランドリー事業をおこなうには、洗濯機や乾燥機などの機器を揃える必要があります。ひとつの目安としては業務用洗濯機は120万円~、乾燥機は90万円~、乾燥機付き洗濯機は250万円~の価格帯です。もちろん、これよりも安い設備もあります。また、店舗の広さによって導入できる機器の数が異なるため、全体的な費用は変動しますが、おおよそ1,300万円~2,500万円の範囲に収まることが多いでしょう。

 

工事などにかかる費用

店舗自体の内装や外装工事も必要です。電気工事やダクト工事、水道設備の工事などがあり、必要な工事によって価格は変動します。ケースバイケースですが、おおよそ700万円~1,000万円ほどはかかるとみておきましょう。

 

広告費にかかる費用

看板やチラシなどで店舗の認知を高めるための広告費も、あらかじめ想定しておきたい費用です。目安は年間で30万円程度ですが、運転資金などと合わせてそれ超える金額を用意しておくと安心です。

 

店舗契約にかかる費用

店舗契約をするのに保証金などの各種費用がかかります。この金額については、契約する際に個別に確認が必要です。「あるゾウランドリー」の場合、一例ですが150万円(税抜き)と提示されています。

 

フランチャイズ加盟にかかる費用

コインランドリー投資はフランチャイズに加盟しておこなうこともできます。加盟期間中、ノウハウの提供や事業計画の作成、契約書の作成など面倒な手続きを代行してくれるので、経験や自信がない方はFCへの加盟を検討してもよいでしょう。

コインランドリーを開業してからかかる費用

コインランドリーは開業するだけでなく、継続的に経営していくことが重要です。経営には、光熱費など一定のランニングコストがかかります。そこで、コインランドリーを開業してからかかる費用をご紹介します。

賃料

店舗を借りてコインランドリーを開業する場合、賃料がかかります。ある程度の金額を支払うことが想定される重要な費用のひとつです。立地や建物の規模などによって大きく変動するので一概にはいえませんが15万円~40万円程度を想定しておきましょう。契約を検討するときに必ずチェックすべき項目です。

 

水道光熱費

稼働に水や電気が必要なコインランドリーでは、水道光熱費も額が大きくなる費用です。これは利用者によって変動しますが、12万円程度を目安に想定しておくとよいでしょう。

 

洗剤費などの雑費

洗剤費などの雑費は、賃料や水道光熱費に比べれば比較的少額ですが、必要な費用です。あくまで例ですが、1ヶ月あたり5,000円~2万円程度かかると見込まれます。

 

人件費

基本的には無人で経営できるコインランドリーですが、ときには店内の掃除など人手が必要な部分も出てくるでしょう。自分で対応できるなら問題ありませんが、そうでない場合は人を雇うことになります。多少人件費がかかることを念頭に考えておきましょう。

 

警備費

コインランドリーの安全対策や防犯対策がなされているかどうかで、利用者の安心感が変わり、集客に影響します。そのため、警備費も必要な費用として想定しておきましょう。

 

保険料

コインランドリーに万が一の損害が発生したときのことを考えて保険に加入しておく必要があります。火災保険は必須ですし、警備をしていても設備が壊されるなどのトラブルが起こる可能性を考えて特約などを付けるのもひとつの手段です。

 

フランチャイズ料

FCに加盟した場合はフランチャイズ料が発生します。これは継続的なサポートを受けるために必要な費用です。FC加盟を検討する場合は比較検討しておきましょう。ちなみに「あるゾウランドリー」の場合、フランチャイズ料は売上の6%です。

 

開業に不安があるならフランチャイズを検討

今回ご紹介した内容から、コインランドリーの開業にはさまざまな費用がかかることが理解いただけたかと思います。また、こうした初期投資やランニングコストを試算したら、資金調達や経営方法についても進めていかなければなりません。
そのため、店舗経営が初めての方やの経験が少ない方は単独でなく、フランチャイズでの開業を検討しましょう。松堀トラストでは、各種相談や、研修・オープニング支援など、開業に向けてのサポートを受けることができます。

松堀トラストはセミナーを開催しています

松堀トラストでは、フランチャイズの加盟店を募集しており、東京の六本木や埼玉の東松山市で毎週FCオーナーの事業説明会を行っています。興味のある方は、ぜひ参加してみてください。

説明会のお申込みはこちらより