投資コラム

アパート経営をするなら知っておきたい、アパート経営によくある悩み

数ある投資のなかでもアパート経営は、人気のある不動産投資の1つです。自己資金が少なくても始められることもあり、取り掛かりやすい投資ともいえるでしょう。そのため、アパート経営を本業、もしくは副業として検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、いざアパート経営を始めてみると、思いもよらない悩みがいろいろと出てくることがあります。今回はアパート経営において実際どのような悩みがあるのか、解消法とともに紹介します。

 

入居者に関する悩み

アパート経営は、所有するアパートの部屋を入居者に提供し、対価として家賃を受け取ることで、収入を得る賃貸経営です。そのため、経営していくうえで経営者を悩ませる原因の1つが、入居者とのトラブルです。そう聞くと不安になる方もいるかもしれませんが、事前にどのような悩みがあるのかを把握し、解決法を知ることで避けることができるかもしれません。そこで、入居者による主なトラブルと解決法を紹介します。

 

家賃滞納

入居者がいるにも関わらず、家賃が入らないというのはオーナーにとって大きな問題です。ただ家賃が手に入らないだけではなく、家賃請求のために入居者や管理会社に何度も連絡を取ったり、最悪の場合は強制退去の手続きを進めざるを得なかったりと、多くの時間と労力が奪われます。それを避けるためには、入居者審査を慎重に行いましょう。また、家賃保証会社と契約することも有効な対策です。一定の保証料を支払うことで、家賃滞納が発生した場合、家賃保証会社が一定期間の家賃を支払ってくれるので、いざという時に安心です。

 

部屋の汚損

退去者が出た後は、次の入居者のために部屋のリフォームが必要となります。その際、部屋の汚損が激しいとリフォーム代がかさみます。また、入居者の設備機器の使い方が悪ければ、何度も修理が必要になり、費用がかかってしまうこともあります。もちろん、清掃や修復は行わなければいけませんが、必要以上の出費は避けたいものです。そのためには、アパートの外観をきれいに保つ意識が重要です。常に清潔感のある物件では、入居者も部屋をきれいにしようとする意識が高まりやすくなります。また、前述と同じように慎重に入居者審査を行うことも大切です。

 

入居者同士や近隣とのトラブル

入居者同士のトラブルで多いのが、ゴミ出しに関することです。分別方法や時間帯などが守られないと、ゴミ捨て場に常にゴミがある状態になり、不衛生で異臭などの問題が発生します。さらにアパート自体にも悪いイメージがつき、近隣住民とのトラブルに発展する可能性も考えられます。また、騒音などの問題もトラブルの原因になります。ゴミ出しの問題には、鍵つきのゴミ捨て場を作るなどの対策が有効です。また、物件の管理が行き届く、信頼のおける管理会社を選ぶのも対策の1つです。

 

経営資金に関する悩み

これまで挙げてきた入居者に関する悩みと同様に、アパート経営をするうえで大きな悩みとなるのが、経営資金に関する問題です。アパート経営は初期費用だけ考えればいいのではなく、その後のための上手な運営が重要です。運営を続けるなかで、オーナーを悩ませる問題は少なからず出てくるものです。では、経営資金に関して実際にどのような悩みがあるのでしょうか。対策も含めて見ていきましょう。

 

固定資産税などの税金

アパート経営などの不動産投資と切っても切れないものが、税金です。アパート経営には、アパートを購入する際にかかる税金のほかに、所得税や住民税、固定資産税など、経営に伴う税金がかかります。節税できる部分のみに注目してアパート経営を始めてしまうと、ほかの税金の多さが思ったよりも負担になり、悩む経営者も多いようです。まずはどんな税金がいつ、どのくらいかかるのか、ということをしっかりと把握しましょう。そのうえで、節税対策や納税の準備を前もって行っておくことが大切です。

 

なかなか満室にならない

いざアパート経営を始めても、すぐに部屋が埋まるとは限りません。空室がある時期は避けられませんが、空室期間が長引いたり、空室率が高くなったりすれば、おのずと家賃収入が減るので、経営に影響が出てきます。最悪な場合、赤字経営へつながる恐れもあります。不動産経営は、土地の選別が重要です。なるべく空室率を抑えるためにも、入居者が集まりそうな立地かどうか、需要があるどうかなど、アパートを購入する際は、土地をよく吟味しましょう。

 

メンテナンスの費用

購入した物件のメンテナンスは、長期的に安定した経営を行うために重要なポイントです。メンテナンスを怠るとアパート全体の老朽化や設備の傷みが早くなるので、結果的に必要以上の修繕費がかかってしまう場合があります。過度なメンテナンスは必要ありませんが、経営していくうえでは、ある程度はきちんと行うことが不可欠です。修繕費を想定して積み立てをするなど、あらかじめ余裕を持ったメンテナンス計画を立てておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。紹介したような悩みやトラブルを回避するには、アパートを購入する際に立地などを慎重に吟味することはもちろんのこと、購入後の物件管理や入居者管理も重要になってきます。経験がなく不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。そんな場合には、しっかりとサポートしてくれる、信頼できる管理会社を探すのもよいでしょう。以上のことを踏まえ、ぜひ、アパート経営を検討してみてください。