投資コラム

なぜ医師は不動産投資をするのか?所得税の節税と相続税対策にメリット

女性医師

医師の方は、不動産投資をしている人が多いです。医師といえば高収入職業の代表格なので、不動産投資に充当できる資金も大きいから当然かもしれません。しかし、高年収であるからこそ、高額納税をしなければならないのは医師ならではの悩みです。

今回は、不動産投資の税金に関わるメリットやその他のメリット、医師が不動産投資で成功するためのポイントなどをご紹介していきます。

医師の悩みと不動産投資

考える医師

多くの勤務医は、毎日忙しく勤務し、高収入を得ています。高収入を得ているということは、日本の累進課税制度によって所得税と住民税の金額もサラリーマンでは想像がつかない額になっているため、当然節税への意識は高まります。また、生涯年収が非常に高いため、適切な対策をしておかないと相続税の課税に引っかかる可能性も高く、医師ならではの悩みとなります。そんな悩みを解決する投資手法が不動産投資なのです。詳しい理由は次項より説明していきます。

不動産投資が医師におすすめな理由

不動産投資をおすすめする医師
医師に不動産投資がおすすめな理由は、本業以外の新たな収入源になると同時に節税効果も得られるからです。医師は高収入の職業ですが、開業するとなると膨大な開業資金が必要ですし、開業後も多額な運転資金が必要になってきます。不動産投資で得られた利益を開業資金や運転資金に充当することで開業が容易になり、開業後の病院経営も楽になります。

高年収の医師は税負担が重く、年収1,500万円の場合だと手取り年収は約1,040万円、年収2,000万円だと手取り年収は1,320万円程度です。年収がアップするほど税負担も重くなるため、何らかの税金対策を行うことが必要になってきます。

節税対策ができる

不動産投資で得られる所得は不動産所得になりますが、これは給与所得と合算して確定申告することになります。不動産所得は損益通算が可能であり、帳簿上赤字が出た場合は他の所得から不動産所得の赤字分を差し引けます。不動産を購入した際の仲介手数料・管理会社への支払い・修繕費用・ローンの利息分を経費として申告できるうえ、実際には財布から出て行っていない「減価償却費」を費用計上することで、不動産所得を赤字にすることができます。サラリーマンでは決しておすすめしない赤字目的の不動産投資ですが、医師に関していえば選択肢の一つとして検討しても良いでしょう。これにより総所得金額を減らすことができ、節税につながります。

また、将来の相続税対策としても不動産投資はメリットがあります。現金と賃貸不動産を比べると、相続税評価額に大きな差が生じます。早い段階から資産を現金以外に分散しておくことで、相続税対策としておくことをおすすめします。

医師の特権は、やはりローン審査の強み

不動産投資は銀行から融資を受けることでレバレッジ効果が得られ、より多額の利益を生み出せる場合があります。医師は社会的地位が高く銀行融資が受けやすいため、他の人よりも有利な条件で不動産投資を行えます。この点も不動産投資が医師におすすめな理由です。

不動産投資は本業を続けやすい

不動産投資をするには、家賃の徴収や入居者からのクレーム処理、建物の清掃や修繕工事などを行うことが必要です。空室が出た場合には新しい入居者を募集して、満室の状態を維持しなければなりません。このような業務は不動産管理会社に委託することができ、オーナーは特に何をしなくても家賃収入だけを受け取れます。医師は多忙を極めますが、不動産管理会社を利用することで、仕事が忙しい医師でも不動産投資をすることが可能です。このように、医師の本来の仕事を続けながら副収入が得られることも不動産投資のメリットです。

不動産投資が節税にも効果的な理由

医師の節税対策

先に述べたように、不動産所得は他の所得と損益通算ができるため、この仕組みを上手に活用すると節税につながります。節税をするには不動産所得を赤字にしなければなりませんが、不動産投資では建物の減価償却費などを経費にすることができるので、キャッシュフローは黒字でも帳簿だけを赤字にすることが可能です。勤務医は黒字の給与所得から赤字の不動産所得を差し引くことで税金が安くなります。

不動産投資では次のものを経費にすることができます。

租税公課 損害保険料 減価償却費 修繕費 借入金利息 管理費 交通費 通信費 新聞図書費 接待交際費 消耗品費 その他(税理士に支払う報酬など)

不動産投資の節税効果を高めるためには、これらの経費を漏れなく計上することがポイントです。また、確定申告の際には青色申告をすると、青色申告特別控除で最高65万円又は10万円を所得から控除できます。青色申告で最高65万円の所得控除を受けるには複式簿記をつけなければいけませんが、会計ソフトを使うと複式簿記の知識がなくても青色申告で65万円の控除が受けられるようになります。

医師が不動産投資で成功するためには

不動産投資に成功して喜ぶ医師

不動産投資は軌道に乗ると、特に時間を費やさなくても不労所得が得られるようになります。しかし、不動産や投資に関する基礎知識について勉強をすることが必要ですし、税務や経済に関する知識も必要になってきます。ある程度の知識がないと投資に最適な物件の選定ができませんし、適切な出口戦略を立てることができません。

不動産投資セミナーに参加すると、ファイナンシャルプランナーや税理士、投資コンサルタントなどの専門家からのレクチャーが受けられ、どのようにすれば不動産投資に成功できるかがわかるようになります。医師向けの不動産投資セミナーも開催されていますので、複数のセミナーに参加することをおすすめします。

医師が不動産投資をするには、不動産管理会社の力を借りることが不可欠です。不動産管理会社に管理を任せることで、医師は患者様の治療に専念できるようになります。不動産管理会社の選び方のポイントは、管理実績が豊富で営業力がある会社を選ぶことです。不動産投資に成功するには空室率を低く抑えることが最も重要ですが、営業力のある不動産管理会社だと高い入居率の維持が図れ、安定した家賃収入が得られるようになります。

まとめ

家と問診する道具

いかがでしょうか?

不動産投資をしている医師は多くいます。その理由は高収入・高額納税に対して相性が良く、さらに融資にも圧倒的に優位だからです。医師という資格を武器に、レバレッジを活かした不動産投資を行うことで、不動産投資家として本業を上回る収入を得ている人もいます。将来の相続税対策としてもメリットがありますので、是非検討したいところです。